維持管理業務についての考え方

事業期間が20年という長期にわたる本事業において、施設全般の適切な維持管理は、安全で安心な施設環境の提供とともに、ライフサイクルコストの低減の視点から極めて重要であると認識しています。
予防保全の考えに基づき、日常レベルの保守管理と中長期の大規模修繕とを連携させるスクール・ファシリティ・マネジメントを実施し、施設の長期性能・機能保持に努め、ライフサイクルコストの低減を図ります。

実施体制図

学校におけるSPCの窓口として、常駐管理員(平日7時半〜22時勤務2人シフト制)を配置し、 学校とのコミュニケーション、維持管理に関するクレーム対応、生涯学習講座運営支援、緊急時対応等を一元的に行います。常駐管理員は日常保守点検業務も実施し、専門的な対応が必要な場合には、フジ都市開発、又は静岡ビルサービスが迅速に対応します。

実施体制図

業務区分

業務区分は以下のようになっております。

業務区分